今後の外壁塗装に費用をかけないために雨風に強い素材がお勧め

サイトマップ

カラフルな家の外壁塗装

メンテナンスが必要な外壁塗装

カントリー調の家

普段の生活で、外壁に目をいく事がなかなかないと思います。たまたま外壁塗装をしている人が、営業にきてくれて色々と話を聞きました。私の家は築8年で、見た目はまだ綺麗な方だと思います。しかし、8年目ごろからメンテナンスが必要になってくるようです。綺麗に見えてても、つなぎ目のシリコン部分が劣化している可能性もあるということです。
なので、まだ綺麗に見えているうちに塗装した方が安くつくという話でした。もちろん私は、先立つものもないし、丁寧に断りましたが、外壁について、少しは意識するきっかけを作ってもらいました。シリコン部分が劣化し弱ってくると、雨が浸透するらしいです。
中に、水分が入るということは、木の部分にも浸透し、腐ってくる可能性もあります。雨、風しのぐ家なのに、劣化し守ってもらえないのは大変です。
例えば、車だとワックスをかけます。ワックスのおかげで輝きが持続されたり、雨や泥などの汚れをつきにくくする働きがあります。家の外壁も同じことが言える。と外壁塗装の営業の人が言ってました。その例えがわかりやすかったので、わたしもなるほどと関心をしました。外壁塗装するのはまだ先になりそうですが、たまには外壁に目を向けて、劣化してるところないかなど意識付けたいです。

contents

TOP